崎原製茶について

空気の澄んだ緑豊かな地、鹿児島県薩摩川内市。
雄大な川内川の川沿いで、こだわりのお茶を栽培・製造・販売しております。
ここでは、崎原製茶の歴史やこだわりについてご紹介いたします。

崎原製茶のご紹介

創業当時の様子

崎原製茶は1954年創業。
鹿児島県のやや北西部に位置し、水・土に恵まれた自然豊かな川内平野で、創業者である崎原博は茶畑の開墾に取り掛かりました。

当時の川内平野には、ほとんど茶畑はありませんでした。そこで、栽培・製造・販売までを自分たちの手で一貫して行うことにこだわりました。

2代目当主

1985年に茶業を継いだ2代目(現当主)崎原一博は、創業者のこだわりを継ぎ、品種の良さを最大限に活かせるよう、それぞれの品種に適した栽培・製造・火入れ・ブレンド技術を常に探究し、試行錯誤しながら一葉一葉に日々向き合っています。

生活のワンシーンに

煎茶は、選びぬかれた多品種で作る川内ほまれシリーズ、製法の違う焙じ茶や玄米茶、抹茶入り煎茶、玉露、
発酵茶である紅茶、半発酵茶である烏龍茶(赤・緑)、焼酎用麹で発酵させたプーアル茶(金・黒)と11種類のバリエーションを作っています。

崎原製茶の茶畑でできたお茶をあらゆるシーンで飲んでいただき、身近に感じてもらえるよう、日々心がけています。

癒しの一杯をお届けしたい。
すべてはそのために。

茶葉と栽培

茶葉と栽培

おいしいお茶に良質な茶葉は不可欠です。
崎原製茶では、「城上(山のお茶)」と「宮里(川のお茶)」の2つの自社農園で有機肥料栽培した茶葉を使用しております。

また、独自のブレンドのためにそれぞれの茶畑の土壌や風土の特徴を活かして、多品種の茶葉を栽培しています。 ≫詳細はこちら

製茶とブレンド

製茶とブレンド

ブレンドのために多品種の茶葉を栽培することはもちろん、近年は古来の緑茶以外にも紅茶、烏龍茶といった発酵茶や、鹿児島の焼酎用の黒麹・黄麹で発酵させたプーアル茶など、新しい製茶にも取り組んでいます。

お客様へ直接お届け

お客様へ直接お届け

崎原製茶は創業以来、お客様へ直接商品をお届けすることにこだわってまいりました。
わたしたちが一番大切にしていることは、お客様から直接「おいしい」といっていただけることです。

当社のお茶がおいしいのも、商品が多岐に渡るのも、すべてお客様の声のおかげです。